こちらは熊本大学大学院教授システム学学生達がたむろする茶室です

A Tribute to R.M.Gagne

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

by スポンサードリンク | 2009.11.15 Sunday | - | - | -
<< 経時変化 | main | 入試予想問題(2) >>
入試予想問題
よい授業の条件とは何か、あなたの体験にもとづき800字以内で論じなさい。


------------------------------------------------
多鹿 秀継【編著】 認知心理学からみた授業過程の理解 pp.162-164 
北大路書房 (1999)

授業スキル
計画性因子、わかりやすさの因子、相互作用助長因子、自主性尊重因子、強調因子

「わかりやすく教えようという授業スキルの高い教師のクラスの子どもは、
積極的に授業に参加し、よく理解でき、有能感をもっていたといえる。」
という、しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by toyon | 2009.01.28 Wednesday 21:41 | - | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
by スポンサードリンク | 2009.11.15 Sunday 21:41 | - | - | -

この記事に対するコメント

Commented by at 2009/02/11 9:22 PM
成人が学習するとき、使う教材を自身のニーズに個別化します。


生きた英語に接近するなど、処方が何であるか。どのような題材を、コーパスから切り出すか。 形式・意味・機能のどれをどのように学習作業過程で生徒に扱わせるとよいかといった議論もあってよいのではないでしょうか。
学習することは、タスクだから、そのタスクは一体何をすることかという視点があってよいでしょう。

社会に出てしまったら、自身にとっての「入口」で未知の語彙や表現を、自身で見つけ、記録し、獲得していくしかありません。

教材を作ってくれる組織や人は、ないのが我々の現実であると
思います。

英語によるコミュニケーションを実際場面にできるようにするために、必要な表現を習得するには、自ら、適合度の高い題材を選択することも必要と考えます。 




  学習の作業


 自身にとって、まだ知らない表現は何か、分析する過程が存在する。





<原文>
-------------------引用はじめ-------------------------
”Abstract
This study was designed to investigate the effects of two instructional approaches (whole-task versus part-task) and two levels of learner prior knowledge (lower versus higher) on learner acquisition and transfer of a complex cognitive skill. Participants were 51 undergraduate pre-service teachers. In the part-task condition, a complex skill (preparing a grade book using Excel) was decomposed into a series of smaller tasks, each of which was demonstrated and practiced separately. In the whole-task condition, which was based on the 4C/ID-model (van Merri&euml;nboer 1997), learners were exposed to the entire complex skill from the beginning of the instruction and were required to practice performing a series of whole tasks throughout the unit. Results indicated that the whole-task group performed significantly better than the part-task group on a skill acquisition test and a transfer test. Possible reasons for these findings and suggestions for future research are discussed. ”

-------------------引用おわり-------------------------



<出典> 今月出たばかりのAECT論文誌記事

論文・記事 のタイトル:

Jung Lim, Robert A. Reiser and Zane Olina (2009)
The effects of part-task and whole-task instructional approaches on acquisition and transfer of a complex cognitive skill
Education Tech Research and Development 57:61&#8211;77
Association for Educational Communications and Technology





--------------------------------------------------------
<使えるようになりたい表現>
on learner acquisition and transfer
コメントする









トラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック