こちらは熊本大学大学院教授システム学学生達がたむろする茶室です

A Tribute to R.M.Gagne

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

by スポンサードリンク | 2009.11.15 Sunday | - | - | -
「株式会社による学校経営」を読んでみた
今出てきたプロジェクトに若干関係しそうなので読んでみた日本政策投資銀行(以下DBJ)によるレポート。2004年なので古いですけど。

株式会社による学校経営を、小学校などの義務教育課程と大学以降の高等教育に分けて考えています。

義務教育課程については「「利益至上主義と教育は相容れない」に代表される様な多くの批判を受け」つつ、高等教育では「、学生のニーズを迅速・的確に捉え、既存の大学の隙間を埋める様にして発展」し、「株式会社が学校運営の主体になることに対しても、特段大きな批判を生んでいない」もよう。

1)義務教育課程:Edison Schoolの事例。

詳細はWikipedia参照。1999年に株式公開するまで至ったが2003年には非公開化、縮小した。Wikiでは経営陣のマネジメントスキルの低さも指摘していますが、それい以前にDBJのレポートにもあるとおり、学校を多数作って売上利益を拡大させるビジネスモデルの高収益化は容易ではないですね。

このモデルは焼き肉チェーンとかマクドナルドとかスーパーみたいな小売チェーンビジネスモデルにちょっと似てます。店舗(学校)開設毎に初期投資がかかり、黒字化に時間がかかります。が、そのうち一定規模になれば償却負担も減るし、原材料仕入のバーゲニングパワーも増す。

なので、
「一定数以上の学校を運営するようになれば、コストを上回る収入が確保でき、物品購入においてもディスカウントが可能となる」
という仮説は半分正しい。

でも、通常の小売りと大きく異なるのは、スクラップアンドビルドが容易でないことでしょう。普通の小売店でも大体何割かは不採算になり、そしたらすぐにつぶして新しい採算店を作れますが学校じゃきっと無理。

つまり、学校運営には規模の経済が働きにくいということです。特に今回のような、eラーニングでなくリアル学校ビジネスの場合は。

ありがちな批判も結構あったようですね:

・ 民間事業者経営の学校は利益を追求するあまり教育の質が二の次になる
・ (本来の顧客である)学生よりも、会社の株主が一番の関心の対象となる

これらのの論点は、株式会社立の場合に典型的に言われそうなネタ。でもこの議論はおかしいのでは?

学校に限らずどの会社の経営もそうですけど、短期的な利益追求は教育(事業)の質を下げますが、長期的な利益追求は利益を次の投資に回せるので教育(事業)の質は上がる。つまり利益追求と教育の質は背反するというのはおかしい。

また2番目の論点も、学生を軽視したら学生(顧客)は来なくなり株主のメリットはないので、経営者にとって学生(顧客)の満足と株主の利益を背反と考える方がおかしい。(前提としてこの議論が成り立つのは不幸にもShort term playerが大株主になった時はありえるけど)。

と、文句をつけてみましたが、株主のプレッシャーにさらされる経営者が、長期を犠牲にして短期の利益を生み出そうと行動してしまう可能性は、やっぱり否定できません。

しかもこの小売店型ビジネスモデルは、いったんうまく成長しても、店(学校)の数を永遠に増やし続けなければ株主が売上利益を満足する成長を上げられず、このプレッシャーで皆息切れし経営者の軸がぶれる、というパターンがあります。非公開化したすかいらーく、タリーズ、牛角、など事例は数知れず。する必要もないのにどういうわけかお上が救済したダイエーなんてのもありました。

この事例をみるに、Edison Schoolは、株式公開なんかせず、丸抱え受託もせず、非公開のコンサルティング会社であったほうが、教育業界の全体最適に適ったのではないかと思います。

ところで、事業として失敗する前は、少なくとも年々校数を増やしてきた事も本レポートでは注目してます。すなわち、いろんな批判はありながら、「既存の公立学校に代わる選択肢を人々が求めた結果」だったということです。

後半では高等教育について触れてるのでまた書きます。
by unon | 2008.08.14 Thursday 21:31 | eラーニング以外 | comments(1) | trackbacks(0)
「私大47%定員割れ」というのは事件なのか日常なのか?
たまっていた記事をみててふと見つけたこの記事:

二極化「流出防げぬ」 私大47%定員割れ

これは数字だけ見ると結構衝撃的なんですが、実はそうでもないのでしょうか?

大学の環境については「教育ビジネス経営論」でやった以外にあまり知識が無いのですが、たしか統計的には初等中等教育は減少傾向だが、高等教育の大学数は増えていたはず。(すみません2年前のうろ覚えなんで違ってたらすいません)。

47%が定員割れとはいえ、大学全入時代というのは結構前からあったことで、その後もちょくちょく大学が閉鎖されることがあるとはいえ、実際に大変な騒ぎが起きたことは聞かないし、このニュースは「ニュース」なのか日常なのか、どう捉えればよいのでしょうか?

それとは別に、地下鉄に乗ると、およそ1/3が大学の広告で埋め尽くされているのを見ると、「コスト効率の悪い電車広告に頼るなんて、大学のマーケティングセンスはどうなのよ?」と思ったりもします。差別化ができてないからでしょうか。そうすると大学の差別化ってどういうところなんでしょうね。ありそうであまりないのはこんなところ?

・プロフェッショナルスクール型の大学
・リベラルアーツカレッジ型の大学
・「この学科だけは日本一、ここに来るしかない」ものがある大学
・教育>研究を標榜する大学

この47%定員割れが本当に「ニュース」なのだとしたら、この手のソリューションを大学側から学問的に提示しているところが桜美林大学大学院大学アドミニストレーション専攻くらいしかない(知る限り)、というのはおかしいような気もするし、、、
by unon | 2008.08.09 Saturday 22:09 | eラーニング以外 | comments(2) | trackbacks(0)
文京学院大学「CGアニメショー」の試みが教授システム学的に面白い件
一昨日、文京学院大学の、「文京CGアニメショー 2008年度 前期」というのに文京学院さんに誘われて行ってきました。

文京学院大は、経産省などがコンテンツ業界に注目し始めコンテンツ業界における「プロデューサー」の役割の重要性が言われはじめた2003年頃すぐに経済産業省と「プロデューサー人材育成支援事業」講座をやったり、そしてその講師には錚々たる人たちがやってたりと、ひそかに(?)実践的な講座をやっている大学です。

当時は私もこの講座には業界の勉強のため大変お世話になりました。いまでこそこれ系の講座は、日本におけるアニメーションやエンターテインメントの産業としての意義や、プロデューサーの重要性が言われ、多くの大学でやっていますが、当時はここ以外はどこもやってませんでした。

その時は30代のおじさんたちと、20歳そこそこの現役学生が同じ場所で授業してて、それが結構新鮮でしたね。

さ話が戻っててこのCGアニメショー、これまた他の大学でやってなさそうな実践的な試みをしています。

,泙此⊆業で作った学生の作品を、ゲーム業界やTV局の業界の現役第一線の人たちが真面目に審査して賞を与える仕組みとなっている。これ大学の優良可不可の単位付与よりモチベーションが3倍は高まるのではと思います。

△海凌該困脳泙鯑世襪函∨菁東京の国際フォーラムでやっている東京国際アニメフェアでの上映権がかかっている点、これまた刺激的な試みです。この国際アニメフェアへの出展、文化祭への出展とはわけが違います。世界中から業界のプロが集まってくるわけですからね。

さらに、コンテンツを作るだけでは終わらないのです。

前期で作られた学生の作品を、後期では別の学生がマーチャンダイジング担当として、如何にその素材を企業に売り込むか、マーケティングプランを立てるのです。コンテンツのクリエーションサイドからすると、マーチャンダイジングがあって初めて自分の作品が世に出ることを理解できる、マーチャンダイジングサイドからすると、リアルな素材を使ってどのように料理すればビジネスになるのかが学べるのです。

このクリエーションサイドとマーチャンダイジングの協働は、ある意味日本のエンタメ業界でまさに欠けている視点。日本では作り手はいるにはいるがそれをビジネスにする強いプロデューサーが少ない。日本はこのバランスが欠けているので、クリエーションサイドが自分の好きなものを作って、ビジネス的には伸び悩む傾向があると思います(ex日本映画)。それを授業の中で学生同士でやらせる点がすごい。

い海譴薐慇犬作った、「マーチャンダイジング」を含めた提案を企業に対ししており、最近、実際に採用されている。企業からすると、プロにお願いするより安価、ということより、プロがつくったものではないが、逆にプロでは作れない純粋荒削りな面白さがウケている気がします。

イ海里海海蹐澆面白いということになり、日経ベンチャーや日経MJに掲載されている現状。

あと特徴的なのは、こういったコンテンツクリエーションがらみを「文学部」ではなく「経営学部」がやっている、ということです。

KellerのARCSモデル的に整理すると、学生さん的には
Attention(「注意」を惹きつける):
「ホント!アニメフェアで作品を流せるかもなの!」
Relevance(自分に「関連」がありやりがいがありそうと思わせる):
「企業との接点は将来の自分のビジネスにプラスかも!」
Confidence(やればできそうだ、と「自信」を持たせる):
(授業を通して作っていくので)「なんか自分でも作品できそう!」
Satisfaction(学習の満足感を与える):
(審査員の講評もあり)「やってよかった!またやろう!」

と、いう感じでしょうか。

実際に私からも、とあるeラーニング会社さんを紹介させていただきました。食育ラーニングとか、キャラを利用したラーニング等で、相性がありそうです。ご興味ある方はご一報ください。

参考文献でこれ読みなおしました:鈴木克明(1992a)「情報化社会に向けて子どもの学習意欲を育てる:ARCS動機づけモデルからのヒント」『教育工学実践研究』107、16-21
by unon | 2008.07.24 Thursday 20:23 | eラーニング以外 | comments(1) | trackbacks(0)
この本すごくおすすめ!PresentationZen
どうもひさしぶりです。なんか今日とか熊大の先生の皆様方が東京にいらしているという噂をさっきSkypeで耳にしましたが。

さーてところで、最近熊大仲間の某氏の関連で、自らeラーニングを設計してみる機会があったのですが、eラーニング用ではなくプレゼン用で買っておいたこれが意外と役立ったので、情報共有です。

PresentationZen: Simple Ideas on Presentation Design and Delivery

英語ですが、スラスラ読めます。というか読まなくてもビジュアル見てるだけでも役立ちます。さらに言うと、この本買わなくても、このサイトをみればだいたいつかめてしまいます。

PresentationZenのサイト

で、作者の方はどうも日本に住んでおられるようです。

この本に書いてあることは、ビジネスプレゼンまたはビジネスeラーニングで使えるか、という点は議論したい人が出るかもしれませんが、大企業お堅い役員向けでない限り、使えると思う。

でもちなみにこの手法でビジネスプランや企画書を、別途ワードファイルで作ることなしに作ってはだめです。これでプレゼンして、後で渡すワードの書面が必要。

でも本当この本いいよ。まちがってAmazonで2冊買っちゃったよ。新品ありますのですぐほしい人は連絡ください(?)
by unon | 2008.05.29 Thursday 14:47 | eラーニング以外 | comments(0) | trackbacks(0)
eラーニングに関係ないかもしれない1本
Unonです。3月決算の会社が多い中、大体勝負あったって感じですか。

Sannoマガジンに倣ってこちらでも「eラーニングに関係ないかもしれない」シリーズです。ただし本に限らず。

カテゴリも作っちゃいましたのでほかの人も書いてね、このガニエ茶室の皆さん。

そいじゃこちら。eラーニングにもインストラクショナルデザインにも関係ありませんが、日曜だし。3分間お楽しみください。:405



by unon | 2008.03.30 Sunday 15:01 | eラーニング以外 | comments(0) | trackbacks(0)